Translate

2018年9月24日月曜日

多くの人に支えられて

老後は異変続々。されど有難いことも多々。多くの人に感謝感謝。

1.狭心症発生時、私の体温35℃。家内に早く先立たれ一人暮らし。栄養素のアンバランスが原因?その時、米国の健康食品エリナを勧めて呉れた別府のエリナの会員の皆さん、有難う。お陰で私の体温、36.3℃に上がりました。

2.何年前か忘れましたが、別府の英会話教室に通っていた頃、難聴発生、日々悩んでいた処、英会話の高元先生、太極拳への変更を勧めてくれました。
太極拳は予備運動が大事。私毎朝起きたらベッドで予備運動の一部を行っていますが、四年位前、予備運動終了後、朝日に向かって爪先立ちで両手を伸ばした瞬間、両方の手の平に宇宙の気がバリバリと何発も。そして手の平からポンポンと出て行きました。
腰を抜かす程の驚きと喜び、以来毎日気に触れています。太極拳を勧めて下さった高元先生、Thank youの一語です。そして大分の副会長千鳥先生、福岡の米谷先生、そして生徒の皆さん、有難う御座います。

3.福岡の整体師粟田先生、あの時苦汁を飲まなかったら、今、どうなっているか分かりません。先生、心からお礼を申し上げます。

4.別府時代、実に多くの人々からお世話になりました。青山喫茶の会の皆様、お変わりないでしょうか。私元気になったら、年何回も別府へ出かけます。その節は宜しく。

5.名古屋製鉄所時代、仕事も山登りも何時も一緒の川端さん、今は愛知県の宣教師、私の症状を知って毎日回復を祈って呉れています。本当に有難い。



父の手紙にはいつも多くの感謝が散りばめられている。人は、一人では生きられない。毎朝、目が覚めて、夜温かい布団で眠る。そんな当たり前の幸せに感謝しなくてはと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

青春~恋愛編

男女七歳にして席を同じくせず 我々の青春初期、敗戦直前「男女七歳にして席を同じくせず」というテーマが流れていた。小学校は多分同席だったと思うが、旧制商業校は勿論八幡教習所時代も女性の思い出は一切ない。 終戦翌年 終戦翌年秋、教習所卒業、製鉄所に復帰。最初に配属された部署...